徳島県立阿波高等学校
    正面校舎と松

 

学校概要

校訓  自主創造


課程:学科  全日制:普通科



1 徳島県教育の基本目標

   とくしまの教育力を結集し,未来を創造する,たくましい人づくり
   ~県民とともに考え,ともに育むオンリーワン教育の実現~

2 本校の教育目標

  生きる力と豊かな心を育み,生涯にわたり学び続ける自主性,創造性に富んだたくましい人間を育成する。

3 平成29年度 教育重点目標
  『生徒も教職員も一人一人が輝き,活気のある学校にする。』

     (1) 組織的・継続的なキャリア教育,消費者教育を推進し,豊かな学力の育成を図る。
     (2) 学校行事や部活動等を充実させ,豊かな心と健やかな体の育成を図る。 
     (3) 広報活動を充実させ,保護者・地域・関係機関等と密接な連携を図る。


4 平成29年度 努力目標

   (1)  学校運営の充実 
      ① 校内各組織の連携を強化して機能的な運営を図り,よりよい学校づくりに努める。
      ② 家庭や地域,同窓会との連携を図り,地域に信頼される学校づくりに努める。
   (2)  人権教育の推進
      ① 学校教育活動全体の中で人権教育に取り組み,人権尊重の精神の涵養を図る。
      ② 差別を見逃さない人権感覚と,自他を大切にする態度の育成を図る。
   (3)  学習指導の改善と確かな学力の向上
      ① 校内研修の充実や研究授業等により,教職員の指導スキルの向上に努める。
      ② 生徒の学習意欲を喚起するとともに,家庭での学習習慣の確立を図る。
   (4) 生徒指導の徹底
      ① 社会的な自立に向けて,基本的な生活習慣の確立や,規範意識の向上をめざした 教育を推進する。
      ② 面接等を通して生徒一人一人の理解に努めるとともに,教育相談体制の充実を図り,好ましい人間関係の構築やすべての生徒が安心して学校生活を送れる学校作りを推進する。
      ③ 「学校いじめ防止基本方針」に基づいて,組織的にいじめの未然防止・早期発見等に取り組む。
   (5) キャリア教育の充実
      ① 体験的な活動を充実させ,生徒の社会的,職業的自立のために必要な能力や態度の育成に努める。
      ② 生徒個々の資質や適性に応じ,3年間を見通した段階的・系統的な進路指導を行い,生徒の希望する進路の実現に努める。
   (6) 消費者教育の推進
      ① 身近な消費生活の課題を学ぶ機会を充実させ,自立した消費者として主体的に行動できる能力,態度の育成を図る。
      ② 家庭、地域等との連携を密にし,消費者として社会に参加し,安全・安心な地域づくりに貢献できる生徒生徒の育成を図る。
   (7) 特別活動の充実
      ① ホームルーム活動や学校行事,生徒会活動,部活動など,望ましい集団活動を通して,豊かな人間性や自主的・実践的態度の育成を図る。
      ② ボランティア活動の充実に努め,豊かな心を持つ地域に貢献できる生徒の育成を図る。
   (8) 環境教育の充実
      ① 地域と共に身近な環境美化に努め,公共心や奉仕の精神の育成を図る。
      ② 節電・ごみ分別・リサイクル等に取り組み,実践的行動力の育成を図る。
   (9) 防災教育の推進
      ① 学校防災体制の整備・充実に努め,災害時における実践力の育成を図る。