平成26年度用 徳島県立阿波高等学校 学校評価  


重 点 課 題
 


評価項目
 





評 価 指 標
 


活 動 計 画
 




数  値  目  標

評価サイクルの

検証

次年度への課題と

今後の改善方策






1 学校運営の充実

@校内各組織の連携を強化して 機能的な運営を図り,よりよ い学校づくりに努める。

A家庭や地域,同窓会との連携 を図り,地域に信頼される学 校づくりに努める。














 

PTA・同窓会と円滑な連携を図る。





 




PTA大学見学研修に保護者が25人以上参加する。
 

担任がホームルームにおいて研修の効用を伝えるとともに,研修案内を生徒が確実に持ち帰り保護者に手渡すように指導する。



 


〜19
 

20

〜24

25

〜29

30

〜34


35人〜
 



 



 




 

進路保護者会への参加率が50%以上にする。

 

各学年に参加への働きかけをお願いする。また,進路課から大学入試動向や本校の生徒の状況等を説明するなどして,進路保護者会のより一層の充実を図る。




 


〜33

 

34

〜49
 

50

〜65
 

66

〜81
 


82%〜

 




 




 

学校の情報を詳しく早く発信する。





 








 

ホームページ更新を実施した教職員の割合が50%以上にする。
 

ホームページ更新方法の資料配布並びに講習会の実施により,技術上の隘路を取り除くとともに,情報発信の必要性を意識させる。

 

 


〜39
 

40

〜49

50

〜59

60

〜79


80%〜
 



 



 

各部活・同好会のホームページ更新回数年間2回以上が40%以上にする。
 

各部活顧問へ更新を働きかけるとともに,各部活の活動内容を公開することにより部活動活性化につなげる。
 




 


〜29

 

30

〜39
 

40

〜49
 

50

〜59
 


60%〜

 




 




 

中学校・保護者・地域との連携を取り,阿波高校のアピールに努め,入学希望者の増加を図る。

 






 

公開授業(11月に本校で実施)の来校者数を15名以上(昨年:7名)にする。


 

本年度の公開授業は平日のみの実施とするが,地域の方々や中学生保護者のみなさんに,多数来校していただけるよう,高校進学説明会,中学生体験入学等の機会を捉え,周知・広報活動に努める。
 






 


〜9



 

10

〜14


 

15

〜19


 

20

〜24


 


25名〜



 






 






 

2 人権教育の推進

@学校教育活動全体の中で人権 教育に取り組み,人権尊重の 精神の滋養を図る。

A差別を見逃さない人権感覚  と,自他を大切にする態度の 育成を図る。
 

人権意識の高揚を図る。








 










 

「人権ホームルームや映画会・意見発表会,講演会など人権に関する活動を通じて,人権意識が高まった」と思う生徒の割合が80%を超えるようにする。




 

行事・活動において,事前指導や事後指導を取り入れた多面的な活動を行う。







 

 


  




 



〜69






 


70

〜80





 


81

〜85





 


86

〜90





 



91%〜






 










 










 

3 学習指導の改善と確かな学力の向上


@校内研修の充実や研究授業等 により,教職員の指導スキル の向上に努める。
 
A生徒の学習意欲を喚起すると ともに,家庭での学習習慣の 確立を図る。





















 

研究授業や研究協議,公開授業を実施する。


 





 

研究授業・研究協議を7グループで7回以上で実施する。


 

各教科で研究授業者を選出し,教務課に協力してもらい,時間割変更をお願いする。同教科の教師全員と研修課2名は研究授業に参加できるようにする。研究協議は,その日の放課後に実施する。





 





 





 





 





 


9教科〜


 





 





 

ICTを活用する授業を研修・実施する。





 

  情





 

ICT利用授業を実施した教職員の割合が50%以上にする。

 

ICTという語感に惑わされ,難しいことと捉えすぎている教員も少なくない。
研修会の実施を通してICT活用のハードルを下げる。




 

〜34


 

35

〜49
 

50

〜64
 

65

〜79
 


80%〜

 




 




 

ICT活用に関する校内研修会を2回以上行う。
 

ICTの初歩的な活用で実施可能な方策の紹介など,教員の意識向上を行う。
 



 



 



 



 



 


4回〜
 



 



 

家庭学習時間の確保に努める。








 











 


1年の家庭学習時間が2.0時間以上
 

進路HRや進路講演会,あるいは全校集会などの機会を通じて家庭学習時間確保の重要性を繰り返し伝えていく。
また,原則として毎日家庭学習時間調査を行うとともに,学習時間集計表を作成し学習習慣確立への自覚を促すとともに,それを個人面談の際にも活用する。



 



 


〜0.9
 

1.0〜

1.9

2.0〜

2.9

3.0〜

3.9


4.0時間〜











 











 


2年の家庭学習時間が2.5時間以上
 



 


〜1.4
 

1.5〜

2.4

2.5〜

3.4

3.5〜

4.4


4.5時間〜


3年の家庭学習時間が3.0時間以上
 



 


〜1.9
 

2.0〜

2.9

3.0〜

3.9

4.0〜

4.9


5.0時間〜

読書活動の充実を図る。




 






 

図書館からの貸し出し冊数を1人 当たり4.5冊以上にする。

図書館便りや企画の壁面制作に図書委員を積極的に関わらせ,委員会活動を充実させる。授業での図書館の利用数を増加させ,入館者数と生徒の貸し出し冊数の増加につなげる。

 






 


〜3.4
 

3.5〜

4.4

4.5〜

5.4

5.5〜

6.4


6.5冊〜
 






 






 

入館者数を前年度比より3%増と する。
 


 


 


 


 

5%
 









































































 
 
 
平成26年度用 徳島県立阿波高等学校 学校評価  


重 点 課 題
 


評価項目
 





評 価 指 標
 


活 動 計 画
 




数  値  目  標

 評価サイクル

の検証

次年度への課題と

今後の改善方策






4 生徒指導の徹底

@社会的な自立に向けて,基本 的な生活習慣の確立,規範意
 識を向上させる教育の推進に 努める。
              A面接等を通じて生徒一人ひ
とりの理解に努めると共に,教育相談体制の充実を図り,好ましい人間関係の構築やすべての生徒が安心して学校生活を送れる学校づくりを推進する。

B「学校いじめ防止基本方針
 に基づいて,組織的にいじめ
 の未然防止・早期発見に取り
 組む。
 

遅刻防止指導の充実を図る。



 






 

遅刻者を1日平均8名以下にする。




 

学期に1回遅刻指導週間を実施する。年間5回以上の生徒には家庭に連絡して協力を得る。10回以上で保護者に来校してもらい担任(学年主任・生徒課長等)で指導する。

 

 




 


14〜



 

13〜




 

8〜




 

6〜




 


4人〜



 






 






 

関係機関と連携し,学校不適応の予防につながる支援に努める。


 

  相



 

阿波サポステのカウンセラーに年間3回以上来校してもらい、不適応生徒への支援につなげる。


 

巡回相談や日頃の面談などで判明した生徒の問題や悩みへの対処をサポートしてもらい、支援や、日々の教育活動につなげる。


 






 



1


 



2


 



3


 



4


 



5回〜


 






 






 

生徒の生活状況を把握し,いじめの未然予防・早期発見に努める

 

生徒

相談

人権

生徒を対象としたアンケートを,年間複数回実施する。

少なくとも年間3回以上アンケートを実施する。


 


 


 


 


 

5回以上
 


 


 

面談を年間複数回実施する。
 

少なくとも年間3回以上面談を実施する。
 


 


 


 


 


 

5回以上
 


 


 

5 進路指導の充実

@キャリア教育を推進し,生徒 が自己の在り方生き方を考  え,主体的に進路を選択でき るよう支援する。

A生徒個々の資質や適性に応  じ,3年間を見通した段階的 ・系統的な進路指導を行い, 生徒の希望する進路の実現に 努める。
 

長期休暇を有効活用する。

 













 

長期休業中の補習の内容に満足していると答える生徒の割合を70%以上にする。

生徒の学習進度に応じた補習を行う。

 

 

 


〜59
 

60

〜69

70

〜79

80

〜89


85%〜
 



 



 

個々の資質や適性に応じた進路実現を図る。






 

望ましい進路意識をはぐくむための取り組み(進路講演会,進路HR活動,個人面談等)に満足した生徒の割合を75%以上にする。
 

進路希望調査や生活時間調査で生徒の実態把握に努め,それに応じた内容になるようホームルーム活動や講演会を設定する。

 





 


〜54


 

55

〜74

 

75

〜84

 

85

〜89

 


90%〜


 





 





 

国公立大学合格者数が70名以上にする。
 

センター試験及び国公立2次試験対策として早朝補習,放課後補習,個別指導を実施する。
 



 


〜59
 

60

〜69

70

〜79

80

〜89


90人〜
 



 



 

6 特別活動の充実

@ホームルーム活動や学校行  事,生徒会活動,部活動など, 望ましい集団活動を通して, 豊かな人間性や自主的・実践 的態度の育成を図る。

Aボランティア活動の充実を図 り,豊かな心を持つ地域に貢 献できる生徒の育成を図る。

 

学業と部活動や学校行事との両立を図りながら人間的資質の向上を図る。





 













 

学習と部活動の両立ができた生徒の割合を70%以上にする。
 

部活動の終了後は早く帰宅させ,日々の学習時間を確保させる。
 



 


〜59
 

60〜

69

70〜

79

80〜

89


90%〜
 



 



 

委員会活動に積極的に活動できた生徒の割合を70%以上にする。


 

生徒会専門委員会を適宜開催し,リーダーの育成に当たり、専門活動の充実を図る。


 





 


〜59


 

60〜

69

 

70〜

79

 

80〜

89

 


90%〜


 





 





 

清掃・ボランティア活動に積極的に活動させる。
 

清掃活動に積極的に参加できた生徒の割合を80%以上にする。
 

校内・校外の清掃活動への積極的参加を促す。

 



 


〜75
 

75〜

79

80〜

84

85〜

89


90%〜
 



 



 

7 環境教育の充実

@地域と共に身近な環境美化に 努め,公共心や奉仕の精神の 育成を図る。

A節電・ごみ分別・リサイクル 等に取り組み,実践的行動力 の育成を図る。
 

「地球環境を守る日」を実施する。
 










 

年間の参加生徒数を450名以上にする。
 

年間5回実施する学校近辺地域の清掃活動に大勢の生徒が参加し,地域社会に貢献する態度を身につけさせる。



 

351〜

400

401〜

450

450〜

500

501〜

550


551人〜
 



 



 

ゴミを分別する。




 

各クラスのゴミ分別評価表を回収し,できている割合を80%以上にする。


 

ゴミ分別について指導し,地球の資源を大切にする態度や,リサイクル活動を積極的に行い,現在および将来についても活動を続けられるよう指導する。

 






 


〜74



 

75〜

79


 

80〜

84


 

85〜

89


 


90%〜



 






 






 

8 防災教育の推進

@学校防災体制の整備・充実に 努め,災害時における実践力 の育成を図る。



 

心肺蘇生法とAEDの使用法を身につける。

 





教職員対象の心肺蘇生法の講習会を実施する。

 

校内すべての教職員に対して年間1回以上心肺蘇生の実技指導やAEDの使用方法について研修を行う。また,持病を持つ生徒の対策についても研究協議を実施する。




 




 




 




 




 


3回〜

 




 




 

防災計画について職員間で情報を共有する。

 




 

防災計画についての研修・防災訓練を年に3回以上実施する。

 

消防署と連携し避難・消火訓練を実施する。また,訓練を通じて技術習得できるようにする。

 




 




 




 




 




 


5回〜