校長室から

校長室から

令和3年度 2学期の始業にあたって(校長)

令和3年8月30日(月)

〔生徒の皆さんへ〕

 本日から、令和3年度の2学期が始まりました。
 さて、新型コロナウイルス感染者数は、感染力の強いデルタ株の影響で、県内でも新規感染者数が急増しています。特に、若い人たちへの感染が広がっており、県内の高校生からも毎日のように陽性者が確認されています。これまで以上に危機意識を持って、感染防止対策を行ってください。マスクを着用すること。ソーシャルディスタンスをとること。休み時間や放課後に集まって、大きな声で話をしたりしないこと。すべて、自分を守ることでもあり、大切な友人や家族を守ることにも繋がります。阿波高生なら、できるはずです。皆さん協力してください。
 ところで、一学期の終業式で、「京セラの創始者である稲盛和夫氏の「動機善なりや、私心なかりしか」の言葉から、主体性を持って、大きな夢や高い志を持ち、これからの未来を切り開く人間を目指してください。」と話をしました。自分の目標が見つかりましたか。そして、充実した意義のある夏休みになりましたか。各学期の初日は、一つの節目の日です。今日は、夏休みの自分の生活を振り返り、できたことは素直に喜び、できなかったことは反省し、新たなスタートが切れるチャンスの日です。このチャンスを活かせるかどうかは、人それぞれです。今日という日を、ただ1年のうちの1日と捉えるか、それとも意味のあるチャンスと捉えて活かすことができるかどうか、それは皆さん自身にかかっています。
 高野進選手を知っていますか。1980年代から90年代にかけて日本の陸上競技を牽引した選手です。特に、1991年に記録した400mの日本記録は現在でも破られていません。陸上競技界のレジェンドです。その高野選手の言葉に「昨日の自分より今日の自分、今日の自分より明日の自分と、いつも自分に挑戦している。」とあります。皆さんは、1学期や夏休みの自分の生活を振り返って、100%満足していますか。多かれ少なかれ反省すべき点があったのではないでしょうか。昨日の自分に負けない、今日の自分になりましょう。今日の自分を越える明日の自分を目指しましょう。そのためには、少しずつ、発想を変え、行動を変え、生活を変えましょう。
 また、イチロー選手の引退会見で、「高い目標を成し遂げたいと思うなら、常に近い目標を持ち、できればその次の目標を持っておくことです。それを省いて、遠くに行こうとすれば、挫折感を味わうことになるでしょう。近くの目標を定めてこそギャップは少ないし、仮に届かなければ別のやり方でやろうと考えられる。高いところに行くには下から積み上げていかなければなりません。」と話をしていました。コツコツと安打を積み重ねた、イチロー選手らしい発言だと思います。
 今日のような学期の初日は、一つの節目です。新たなスタートが切れるチャンスと捉え、昨日の自分を越える今日を、今日の自分を越える明日を迎えられるように、近くの目標を定めて、高い目標に向かって踏み出す2学期にしましょう。
 感染症対策に加え、まだまだ、暑い日が続いていますから、熱中症にも気をつけて水分補給や睡眠をしっかりととるなど、体調管理には十分気をつけてください。
 それでは、2学期が,皆さんにとって充実した意義のあるものになるよう期待しています。

学校再開

 〔生徒の皆さんへ〕


  約3カ月に及ぶ臨時休校から,久しぶりに授業や部活動などの学校生活が戻ってきました。生徒の皆さんは長期にわたり家庭学習や外出自粛を強いられ,不安を感じながら毎日を過ごしていたのではないでしょうか。また,今年度の県高校総体などが中止となり,とても落胆していることと思います。
 しかし,「日日是好日」です。自分にとって今の状況は,どんな状況でも必ず自分の人生に意味があるものです。その一瞬一瞬を精一杯生きていく毎日の積み重ねが,自分の毎日を好日にしてくれます。どんな毎日であれ,その毎日は自分にとって二度とこないかけがえのない日です。
 できる限りの感染症対策を講じて,6月1日から授業時間は平常に実施しています。3年生の早朝補習(進路対策)も開始しました。しかし,1学期の中間考査を中止にするなど行事等を精選したり,近距離での対面形式となる授業活動を避けるなど,従前の学校生活には戻っていません。
 新型コロナウイルスとの闘いは当面収まる気配はありませんが,為すべきことを行い,共に助け合い,そして「日日是好日」であることを自分に言い聞かせ,みんなでこの難局を乗り越えていきましょう。

令和最初の学校林整備作業

 令和になり最初の学校林整備作業を、11月13日(水)に実施しました。天候に恵まれ抜けるような秋空の下で、参加した1年生172名は、松契会会員12名の方々とともに、徳島北部森林組合職員、徳島県東部農林水産局担当者の方々から指導いただきながら、下草刈りや枝打ち、植樹の作業を行いました。私が前回在籍した14年前に、山頂付近の日当たりの良い場所に植樹したやブナや欅・楓等の木々が大きく育っていて安心しました。年数が経ち大木となった楓は、赤く色づいて紅葉を一層鮮やかにしていました。
  公立普通科高校が学校林を有しているのは、徳島県では阿波高校1校です。本年度創立96年目となる本校はこれまで歴史を積み重ねてきましたが、学校林もその時代に応じて使い方を変えながら、多くの先輩たちの手を経て今日まで丁寧に管理されてきました。今後も、在校生に森林保全に関する環境教育等の生きた教材として活用することで、阿波高校の誇る財産の一つをしっかりと守り育てていきます。
 当日、作業に参加いただいた松契会会員の皆様、日頃から管理に当たっていただいている徳島北部森林組合組合員・職員や関係の皆様に厚くお礼申し上げます。当初の目的を達成し終了することができ、1年生生徒は一回り大きくなりました。今後とも、阿波高校の教育活動に対してご支援ご指導をよろしくお願い申し上げます。

阿波高祭2019が開幕します!

 第2学期が始まり,生徒会・生徒実行委員会が中心となって熱心に企画・準備してきた「阿波高祭2019」を、9月7日(土)~9(月)の3日間の日程で開催します。
 今年のテーマは,「0話(れいわ)~俺たちから始まる青春~」,テーマソングは「青と夏」、日程は次の通り予定しています。
 9月7日(土)前日祭 阿波高生で創り上げる一日
 9月8日(日)文化祭 来場者に楽しんでいただく一日 ※一般公開
 9月9日(月)体育祭 クラスや学校の団結を深める一日
 今年も,多くの楽しい企画を準備することができましたので,一般公開する9月8日(日)の文化祭には,お誘い合わせをいただき,阿波高校へご来場ください。生徒・職員一同ご来校をお待ちしてします。
 天候(複数の台風の動き)が少し心配されますが,悪い条件を吹き飛ばす元気いっぱいの学校祭にしたいと思います。

令和の時代が幕を開けました!

 去る4月8日(月)に,午前中には始業式を,午後には入学式を実施し,平成31年度の学校生活が始まりました。そして,5月には『令和』の時代が始まりました。今年度の阿波高等学校は、各学年5学級・合計15学級、1年生180名・2年生188名・3年生189名の生徒数557名(男子242名・女子315名)の学校規模となりました。
 2年生は,5月7日(火)~10日(金)に修学旅行を終了し,1年生も少しずつ高校生活に慣れてきた様子です。今週末5月31日(金)から徳島県高等学校総合体育大会が始まります。
 本年度も,阿波高等学校にご声援をいただけますようよろしくお願いいたします。

四国高等学校対校選手権大会始まる

 本日6月15日から18日にかけて,四国高等学校対校選手権大会(四国総体)前期大会が開催されます。
 激戦の徳島県高等学校総合体育大会を勝ち抜き,6競技に本校生徒が出場します。各競技の四国で一番優れた学校や個人を決める大会です。徳島県代表として,栄冠目指して日頃の練習の成果を十分に発揮してもらいたいと思います。
 本校生徒の出場競技種目は次のとおりです。
◯柔道競技 男子団体・男子個人(愛媛県松山市・愛媛県武道館)
◯弓道競技 男子団体・男子個人(高知市・高知県立弓道場)
◯陸上競技 男子・女子(香川県丸亀市・ピカラスタジアム)
◯空手道競技 女子個人形(愛媛県四国中央市・伊予三島運動公園体育館)
◯ソフトテニス競技 女子団体・女子個人(高知市東部総合運動場テニスコート)
◯バレーボール競技 女子(高松市総合体育館)
 3年生にとっては,高校生としての3年間の活動のまとめとなる者もいます。完全燃焼ができるナイスゲームが展開されることを期待しています。

徳島県高等学校総合体育大会に向けて

 4月9日(月)に始業式・入学式を実施し,190名の1年生を迎え,平成30年度が始まりました。阿波高等学校は,本年4月から各学年5学級計15学級となり,現在の生徒数は,男子242名・女子334名・合計576名です。
 5月初旬には,第2学年が東京方面修学旅行を終了し,現在は第1学期中間考査が行われています。
 この後,6月初旬には,県高等学校総合体育大会に運動部が参加・出場します。3年生の多くにとっては高校での活動のまとめの大会になります。日頃の練習の成果を存分に発揮してもらいたいと思います。
 四国大会・全国高等学校総合体育大会(インターハイ)出場を目指して躍動する本校選手への応援をよろしくお願いいたします。

学校林整備作業

11月13日(木),本校の1年生による「学校林整備作業」を実施しました。学校林は,学校から北東の方向約4kmにあり,面積は7ha余りで,ヒノキを中心とした人工林です。風は強かったですが,時折陽の差す天候にも恵まれ,間伐の実演を観察したり,下草刈り・植樹などの作業に汗を流しました。その後,林内で昼食をとり,クラス対抗による丸太切り大会も行いました。五感を駆使して森林と触れ合った体験は,これからの人生に必ず役立つことと思います。
 なお,阿波松契会(同窓会)からは本淨会長をはじめと11名の皆さまが,板野郡森林組合からは4名の皆さまが参加して御協力くださりました。また,学校法人・生光学園は,生徒・教員の集合場所として,所管する研修会館を快くお貸しくださりました。「学校林整備作業」に御支援くださりましたすべての皆さまに深く感謝申し上げます。

阿波高校グリーン隊樹木剪定

11月2日(日)・3日(月)の両日,同窓会(阿波松契会)や保護者のみなさんの御協力によって,校地内にある樹木の剪定作業を実施しました。本校では,6年前から,毎年この時期に実施しており,「阿波高校グリーン隊樹木剪定」と称しています。昨年度は,9月に学校創立90周年記念式典が開催され,事前に大がかりな樹木剪定を行ったこともあって,グリーン隊による剪定作業は1日間だけでしたが,今年度から再び2日間となりました。
 おかげさまで,校内の中・低木の樹形が整い,本校の歴史を象徴する庭木が美しくよみがえりました。2日間の奉仕作業に御参加くださいました延べ33名のグリーン隊の皆さまに心から感謝申し上げます。

第4回創立90周年記念事業期成同盟会総会を終えて

 12月15日(日),本校の阿波松契会館において,第4回創立90周年記念事業期成同盟会総会が開催されました。期成同盟会は,昨年の8月19日(日)に設立され,記念事業の内容や募金,進捗状況等について御協議くださり,記念事業を推進していただきました。今回の総会では,これまでの活動報告や事業報告,決算・監査報告等について御協議くださり,出席者全員の承認を得ることができました。
  創立90周年記念事業として,阿波松契会館の改修,トレーニング機器・楽器等の教育機器の整備・充実,記念式典・記念講演会の挙行,記念誌の発刊等が行われました。阿波松契会館は創立60周年記念事業で建設され,30年間にわたって活用してまいりましたが,近年,雨漏りやエアコンの不調等による老朽化が憂慮されていたところです。それらが改善された上,軽量で扱いやすい机・椅子の新調,トイレの洋式化等が図られました。また,トレーニング機器や楽器,映像編集用機器,製氷機等の教育機器の整備・充実も図られ,生徒・教職員は,これらの教育施設・設備を活用して,さらに充実した教育活動を展開できるものと深く感謝申し上げる次第です。
 徳島県立阿波高等学校創立90周年記念事業の完遂にあたり,御支援・御協力くださいました阿波松契会,関東・東海各阿波松契会,近畿同窓会,PTA,旧教職員,地域の方々に,学校を代表して,厚くお礼を申しあげます。